新学年度

イギリスの大学では新学年度がまもなくスタートします。といっても、スコットランドは少し早めにスタートするようです。私が卒業した某ロンドンの大学は来週28日から授業開始の予定です。

毎年であれば、この時期のロンドンは新入生の大学生と(主に中国からの)留学生で埋め尽くされ、とてもにぎやかです。少なくとも人が多いです。
ただ、今年は全く違います。野暮用で私の出身大学の近くまで行ったのですが、人が殆ど歩いていませんでした。まさかのゴーストタウン。最寄り駅もいつもならとてつもない人の数でリフトに乗れないのが普通なのですが、今日はリフトに3人だけ。ロンドンの地下鉄ピカデリーラインは1車両に10人程度くらい?

学生の数はかなり減ったようですが、学生自体は学生寮にいます。そして今日はこんな記事が出ていました。
いくつかのイギリスの大学の学生寮で、在寮生が自己隔離を余儀なくされているという記事。今、英国では6人以上の集会(パーティー)が禁止されています。各大学では新入生歓迎会などの例年の行事を取りやめたり、オンラインに移行しているところもあります。そうした中で、学生寮で行われた新入生歓迎会が原因でクラスターが発生し、在寮生は自己隔離をしているというもの。パーティー中にセキュリティーオフィサー(クラブの入り口に立っているようなセキュリティーの人たち)がなだれ込んできて、パーティーを強制的に止めたそうですが。。。

大学生に、自分たちのことを「スーパーマン」だとか「特別な力を持った存在」だと勘違いする傾向があるのは洋の東西を問わないように思います。とはいうものの、法律で禁止されている上に、3月以降、散々他人との距離を取るように要請されてきたにもかかわらず、違法なパーティーを開いてしまう学生を「若いねー」と言ってやり過ごす度量は私は持ち合わせておりません。

イギリスの気風として自分の信念を貫くというのがあり、それが原因で他人(特に外国人)のいうことを聞くことはあまりありません(アジア人が介入すると子供扱いして逆に笑うイギリス人もいます。白人の男に顕著のように思います)。しかし、そろそろ彼らも自国の法律を守るという概念は学んだほうがいいかもしれません。

なお、イギリスではさらなる行動制限が検討されています。
追記:9月24日(木曜日)からパブ、レストランなどは午後10時で閉店など、さらなる制限の実施が英国政府から発表されました。(9月22日追記)

よかったらクリックしてください。


海外就職ランキング

Comments

Popular posts from this blog

在宅勤務を数ヶ月やってみた結果

ビジネスに感情は不要

ついにこの時が